スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 似ていても他人
2009年06月15日 (月) | 編集 |
日付:2009/06/14(日)
●【記 録】◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎
◆体重...69.2kg ◆体脂肪率...33.2%

●【食 事】◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎●◎
一日合計:1848Kcal
◇朝食◇
チャーハン…225kc 100g
◇昼食◇
かにぱん…289kc 三立製菓パン
マイルドカフェオレ…245kc 500ml
◇間食◇
スナック菓子 コーン…443kc 一袋
◇夕食◇
ごはん(茶碗1杯)…252kc
雪印コ-ヒ-…92kc 200ml
えびフライ…278kc
キャベツ 生…24kc
----------------------------------------------------------------------
ある日のYAHOOニュ-ス。

珍しい「黄色」のロブスター、幸運にも調理免れる 米国
6月12日18時9分配信 CNN.co.jp

(CNN) 米マサチューセッツ州イーストハムのレストランが「黄色」のロブスターを入手、「フィオーナ」と名付けるなど話題になっている。

開店してから32年の歴史があるレストラン、アーノルズ・ロブスター・アンド・クラム・バーのオーナー、ネイサン・ニッカーソンさんによると、フィオーナは6月上旬にカナダ東部沖で友人の漁師が捕獲したという。

ニッカーソンさんは、「ケープ・ゴッドで57年間暮らしているが、黄色いロブスターなんて今まで見たこともなかった」と驚いている。

フィオーナの色は実際には黄色というよりも、明るいオレンジ色。専門家によれば、この色のロブスターが生まれる確率は3000万分の1と、非常に珍しいという。

ネイサンさんは、フィオーナは非常に珍しいとして調理に回さず、客寄せに水槽に入れ展示している


------------------------------------------

 黄色のロブスタ-かぁ。
 実はリャマは、ザリガニだと信じていました(>▽<;;
 ロブスタ-とザリガニは、全くの別モンらしいです( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 
 更に、それじゃ伊勢海老を英語でロブスタ-というのか( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・と、おバカな発想。
 ちなみに、これも違うようです。(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ
 ザリガニと云えば、昔飼っていました。
 捕まえてきたのか、貰ったのか覚えていませんが雌だったと記憶。
 暫くして、お腹にたくさんの卵w( ̄o ̄)w オオー!
 でもその後の記憶がありません…
 いえ、確かにいたんですよ。うちに。
 水槽の掃除をする時、ちょっと他にお移り頂く時にハサミでカブリっ(* T-)アダダダ
 当時、うちの周りは田園地帯。
 ザリガニやタニシ、蛙におたまじゃくしは普通に田んぼにいました。
 今は、住宅地に開発され小川も田んぼの面影はありません。
 ちなみに、普通よくみかけるアメリカザリガニは外来種のようです。
 ロブスタ-は食べた事はありませんが、伊勢エビは過去一回。
 成人式のお祝いの時でした。
 ( ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄;)うーん、伊勢エビの海老フライもいいだろうなと思いつつ、その後、某天丼の海老に嘆いた事が。
 見かけは大きかったのですが、衣ばかっりで細身の海老が出てきた時は唖然としました。
 
 -------------------
 ランキング凸よろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへにほんブログ村 ダイエットブログへ


コメント
この記事へのコメント
ザリガニって、「まっかちん」と呼ぶ地方がありますよね。
北海道もかな?

エビフライは大好きです。
尻尾も美味しいですしね。
2009/06/15(月) 20:15:54 | URL | マカロン #-[ 編集]
地方によって違うのかな
■マカロンさんへ
 「まっかちん」ですかw( ̄o ̄)w オオー!
 ザリガニではありませんが、母の故郷の山形ではトカさんを「かなきっちょ」といいます。
 海老フライは美味しいですよね。
2009/06/16(火) 08:40:01 | URL | 管理人@リャマ #1jhbtX.k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。